Search this site
この番組はデジタル放送には非対応です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
お気に入りの映画発掘し隊!
年末年始は父と懐かしの映画を見て過ごしました。
そんな中でも『やっぱこれだよなー!』というお気に入りの一作
 
ハリウッド映画はあんま見ないんですけど、このファンタジーの世界観は大好き!!
なんか夢があるじゃないですか。
あと、ちょいちょい笑わせてくれるところがニクい。
特にこの小さいドリューバリモア(まだ清純)とのシーンはいつ見ても笑える。
その他、E.T.が女装させられてるところもね。

基本、好きな映画を何度も見る派なので映画は全然詳しくないんですが
今年はちょっと色々な映画やDVDを見てみようかなって思ってます。
(ブログのキネ旬カテゴリも活用せねば・・・)
E.T.を超えるお気に入りの映画に出会えるかしら。

おもしろい映画情報求む!
posted by niwach | 00:18 | キネマ旬報 | comments(0) | trackbacks(0) |
ふがいない人生の中で。
本日映画1000円デーとゆうことで。
「ふがいない僕は空を見た」

 

永山絢斗の演技もいいんだけど、それ以上に窪田正孝表情が
ものすごくせつなくて鳥肌。
ストーリーが登場人物ごとに章が分かれてる見せ方も面白かった。
そしてその章の合間にでるキャプションにハッとさせられたな。

『僕たちは僕たちの人生を本当に自分で選んだか』

貧しさ、姑問題、不妊治療、、自分の力だけではどうにもならないような
ことだらけの世界だけど。
そんな人生の中で私たちはどう這い上がっていくのか。

「性」と「生」
最初はただの高校生と主婦の色恋話だと思ってたけど
自分としても考えさせられる映画だったなと。

ざっくり備忘録。
posted by niwach | 01:47 | キネマ旬報 | comments(0) | trackbacks(0) |
甘く小さな嘘。
本日はせっかくの有給休暇でしたのでおひとりさまで映画鑑賞。
原作は江國香織 

結婚して3年になる夫婦の倦怠期と孤独と、、、大人な恋の話 

以前、原作も読んだときは結末もどこかしっくりこなかったのですが
今回の映像化で独特の空気感だったり、絶妙な表情や情景の変化が切々と
感じられ大人の恋とは無縁なわたしも切ない気持ちになりました。 

印象に残ってる台詞のひとつ。

『ひとりだろうとふたりだろうと寂しいもんなんだよ』 


そうかもしれない。 

ひとは誰だって孤独を抱えて生きていて。 
相手がいるからといって幸せであるわけでもなく。 
その孤独は共有することもできず。 
お互いが嘘をつくことで孤独を紛らわし、
それぞれの生活を円滑にしているのかもしれない。 

とりあえず中谷美紀の美しさはネ申。
透明感がありすぎる。 

池脇ちーちゃんの小悪魔っぷりは脱帽。
もうあの頃の純粋なちーちゃんではないのねと若干さみしくなる。 

あと・・・言うなれば 

大森南朋を見るとやはり元彼を思い出してしまい。 
少々複雑な気持ちになったよ。
(いや、ほんとに似てたんだって!まじで!)

どんまいわたし。
posted by niwach | 00:02 | キネマ旬報 | comments(0) | trackbacks(0) |
niwa的キネマ旬報。
話の展開がやたらと早い洋画より、まったーり感のある邦画を好むniwaです。
さてさて、そんな私。久々に映画を見てきましたよ。


甘酸っぱく微笑ましい高校生の恋物語。
岩井俊二監督に小林武史、脚本に北川悦吏子ってどんだけ豪華なんだよ!
ってな好奇心だけで見にいきましたが、映像の美しさは勿論のこと。
細かな風景描写だったり、心情の表現だったり、セリフの間が絶妙。

あぁ、あったあった!そうゆう場面!!
って、自分の事に置き換えられてしまう。すごく不思議な感じ。
そしてあの頃のせつない感情をじわじわ思い出させてくれる作品。


当たり前のように歳をとり、高校生時代の事なんてそれはそれは遠いことで。
もう思い出すことなんてほとんどないのだけれど。。。
この作品を見てあの頃の自分を客観視できたように思います。
あの頃、悩んで苦しんだ悩み事も、流した涙も、きっとそれは今思えば
「なーんだ(笑)」って思えるんだけど。
当時の私にとっては全てが大事件だったんだろうな。

あの頃から私はちょっとでも成長できたかな?
なんてセンチメンタルになってみるのも悪くないね。

とりあえず北乃きいちゃんがかわいすぎるだろ。
そして岡田君がかっこよすぎる件について。 

ちなみに主題歌はSalyu
これまた透明感のある歌声と映画とタイアップした曲とがマッチしてて
曲聞くだけでセンチメンタルになっちゃいます。

そんなわけで。niwa的キネマ旬報でした。
posted by niwach | 00:08 | キネマ旬報 | comments(0) | trackbacks(0) |